DAIWA「INTERLINE REGAL 1.5 – 42」をインプレッション

DAIWA「INTERLINE REGAL 1.5 – 42」をインプレッション

今回はロッドのインプレッションをしたいと思います。

 

現在僕がちょい投げで使っているロッドになるんですが。

 

DAIWAのインターライン REGAL 1.5-42をご紹介します。

 

DAIWA インターライン REGAL

インターラインの特徴

磯や堤防からの釣りに幅広く対応する多目的ロッド。

ブランクス内部には道糸のベタ付きを抑えるリニア構造を採り入れ、

ダイワ独自の「耐久撥水加工」を施すことにより、外ガイドんいも引けを取らないライン放出性を実現。

 

操作性が高いうえ、道糸が穂先に絡む食いという中通し構造のメリットを誰でも体感できる。

従来のスタンダード&遠投タイプに加えてアオリ仕様もラインナップし、ビギナーが手にする最初の1本として、

ロッド装備の間を埋めるスパーサブとしても役立つ機動力溢れるハイコストパフォーマー

DAIWA インターライン リーガルより

 

ガイドなしの中通しでラインの絡みが少ない

ちょい投げや投げ釣りで厄介なのが、ガイドとラインの絡み。

インターラインではそのストレスがなく、気持ちよく投げることができています。

スムーズにタインが出て行くところも気持ちよく投げられるポイントからもしれません。

 

1.5-42が硬さ・長さともにちょうど良い

あまり長竿が好きではない僕からすると、この42の長さは長すぎず、短すぎず

ちょうどいい長さですね。

硬さは、最初は気持ち柔らかめかなと感じるものの、使ってるうちにちょうど良いかなと

感じるようになりました。

竿先のあたりに繊細さが増すので、個人的にはおすすめですね。

 

ラインの通しは難しくないのか

ラインの通しは付属のライン通し(ピアノ線の様なもの)があるので

それを穂先からいれ、ラインをエントランスガイド付近に出てきたライン通しの先に引っ掛けて、

穂先から抜くだけと思っていた以上に簡単!

 

 

個人的な総評価としては、満足の★★★ですね。

サビキにウキフカセ、ちょい投げと多目的に使えるのはとても嬉しい1本です。

また、インターラインでライントラブルも少なく、ストレスフリーな釣りができます。

価格帯もとてもお手頃で初めて釣りを始める方にもおすすめできる1本です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でたつまるをフォローしよう!

アレやコレカテゴリの最新記事