夜釣りで竿が飛んで折れた!?予想外の出来事連発!

夜釣りで竿が飛んで折れた!?予想外の出来事連発!

今回はまさかの出来事が連発です。

2年ぶりに釣りをまた始めて、熱のある福井へ行ってきました。

 

A-Angler’sには僕の他に、ぽん君というお寝坊さんがいるのですが、

朝、「釣りに行く?」と連絡を入れてみると・・・。

 

すぐに「行きます!」と返信が。

 

僕が少し昼間に用事があったので、用事を済ませサイド連絡を入れてみると。

 

・・・。

 

・・・・・。

 

・・・・・・・。

 

5時間もの間、返信がこず待ちぼうけ。

まだ出る時間ではなかったので、もう少し待つことに。

 

すると、着信アリ!

それはぽん君からでした、「すいません!寝てました!」との事。

 

こちらからすれば、もう想定の範囲内の出来事。

行くか行かないかだけを聞いたところ「行きます!」との事だったので

 

集合して、福井を目指します。

 

 

途中、餌屋によって餌を調達。

 

天候は湿度が高いすぎる程度で、風も穏やか。

かつ凪というコンディションの中、早速準備を始めていきます。

 

今回は、ぶっこみ竿とちょい投げ竿を1本ずつ、計2本の竿で浜から狙います。

 

竿がぶっ飛ぶといいな〜なんて話をしながら、1投目っ!

 

そんな簡単に竿が飛んで行くこともなく、1時間が経過。

 

 

一方、ぽん君は河口近くでちょい投げして遊んでいたようで、

「何か釣れました」と言いながらこちらに向かってくるので、近くに行ってみると・・・。

 

セイゴちゃんではないですか。

 

この釣果は今日の釣果に期待ができるぞ!と胸を躍らせること2時間・・・。

 

アタリもなく、静かな時間がゆっくりと過ぎて行きます。

 

気づけばすでに空が薄明るくなってきているではないですか。

 

そして、ついに!その時が・・・。

 

ちょい投げ竿の仕掛けを回収して、餌を付け替えようとした時のこと。

 

 

隣に立てかけてあった、ぶっ込み竿が・・・。

 

ガッチャーン!

 

急な出来事に、おろしたてのちょい投げ竿を下に落とすように置き、

すぐさま隣の飛んだ竿の尻手を掴み、合わせると・・・。

 

 

グッ! スコっ!・・・。

 

「うわ〜!バラした〜!」と思わず大声をあげてしまいました。

 

悔しいですね・・・。かなりの勢いで飛んで行ったので、中物以上の物ではないかと・・・。

 

一体何が鈎を咥えたのか・・・。

それを知る者は咥えた魚のみ。

 

悔しいですね〜(笑)

 

そして夜が明け、完全に日が昇ったところで、竿先にあたりがなくなったので

ちょい投げ竿は撤収。

 

ぶっ込み竿だけを残し、河口にあるテトラ付近を狙ってロックフィッシングをするため

新たに竿を準備。

 

この竿でまさかそんな事が起こるなんて思いにもよりませんでした。

 

狙って少し飛ばした3投目の事・・・。

 

シュッ!パキッ!

ん?なんか変な音したなと思ったのと同時に、目の前を木の棒のような物が飛んで行きました。

 

手元の竿に目を向けると、竿先がなくなっているではないですか・・・。

 

 

「やらかしたー!!」と心の中でテンションだだ下がり。

意気消沈した僕は完全にやる気を無くしてしまい、折れた竿を撤収。

 

一本同じように、ロックフィッシングをしていたぽん君はというと。

 

フグが入れ食い状態。

流石の釣れ具合に沈んでたテンションも少し回復(笑)

 

ぶっ込み竿はというと、あれ以来あたりはなく、時間は撤収する7時に。

 

ということで、片付けとゴミ拾いをして撤収〜

 

今回は悔しさと悲しさが抜群に攻撃してきた釣行に。

でもあの大きなあたりは、釣り心を震わせますね!

 

次きたら、絶対あげてやる!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でたつまるをフォローしよう!

Fishingカテゴリの最新記事