こんな時『釣れない時間』って何をして過ごす?

こんな時『釣れない時間』って何をして過ごす?

長い時間釣りをしていると、釣れない時間帯というのが必ずあると思います。

むしろ、待ち時間の方が多いフィールドカルチャーだと思います。

 

ここで疑問。

 

皆さんは釣れない時間何をして過ごしていますか?

 

 釣れない時間をどう過ごす?

 

僕は「ちょい投げ」をメインに釣りをしているので、ロックフィッシングよりも

断然、待ち時間の方が長いわけです。

置き竿だけに限らず、ショアジギでも釣れない時間帯というものはつき物。

 

皆さんはどのように時間を潰していますか?

 

瞑想に入る

 

瞑想というよりは、ぼーっと竿先ではなく海や周りの景色を眺める。

心が落ち着くので、自然の中に来たという感じがしますよね。

そして、ぼーっとしている時に限って竿を持っていかれたりするものです。

 

仮眠をとる

 

遠征などで長距離運転が多い方は、待ち時間に寝てしまうのも一つだと思います。

自然の中で大胆に寝るのもあり。車の中で少し休むのもあり。

気持ちをリフレッシュして釣りを楽しむにはいい気分転換かもしれません。

 

瞑想も仮眠もですが、竿が海に持って行かれないように

尻手ロープで陸地と繋いでおくなどの対策をしておきましょう。

 

話をする

 

友人と行っている時は、仲間内で話すのもありでしょう。

また、同じ釣り場にいる人と話すのも楽しいかもしれません。

「堤防にいる人は皆んなお友達」なんて言ってみたり・・・。

初めて行くところなら、釣り方や釣果の収穫があるかもしれません。

 

生き物を捕まえる

 

僕の友達はよく岩場にいる蟹を捕まえて遊んでますね。

蟹も餌として使えるので僕としては助かる時間潰しです。

そのほかにも、貝を獲ったりなど釣り以外にも楽しみが増えますね。

 

試行錯誤してみる

 

釣りといえば、その釣り場によって仕掛けが変わりますよね。

釣れなければ「これはどうだろう?」「こうしてみたらどうだろう?」なんて。

すると、独自の仕掛けが生まれたりしませんか?

そんなことを考えるのもまた、釣りの楽しさの一つですよね。

試行錯誤した結果、釣果が上がるとますます楽しくなります。

 

釣れない時間も有効活用しよう!

 

今回僕なりの釣れない時間を紹介してみました。

僕のおすすめは、瞑想と釣法の試行錯誤ですかね。

皆さんの過ごし方はいかがでしたでしょうか?

釣れない時間も有効活用してより釣りを楽しみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でたつまるをフォローしよう!

アレやコレカテゴリの最新記事