釣り場がどんどん無くなっている⁉︎ 釣り場環境を守ろう!

釣り場がどんどん無くなっている⁉︎ 釣り場環境を守ろう!

皆さんが釣りをする場所といえば。

磯?波止場?漁港?

多くの人が、波止場や漁港内ではないかなと思います。

そんな、気軽に釣りができるポイントが近年減少しています。

原因は何か?

結論から言うと原因は僕ら釣り人なんです。

 

近年「釣り禁止」になる漁港が増えている原因

僕の地域では、三重県・福井県で釣り禁止になっている漁港や波止場が増えているように感じます。

全国的に見ても、明らかに「釣り禁止」が増えているのは紛れもない事実。

その原因としてあげられるのが大きく3つ。

 

ゴミの放置問題

漁港は、漁業組合が管理している場所だということを頭に入れておきましょう。

多くの人がゴミを持ち帰ったり、ゴミ拾いをして帰ったとしても、

ごく少数の一部の人がゴミを放置して帰ってしまうと意味がないのです。

ゴミを持ち帰る人が多く綺麗な漁港ほど、ゴミが放置されていると目につくものです。

 

放置されているゴミ

コンビニや釣り具や餌やのビニール袋

ペッドポトル・缶

弁当の包み紙やトレイ

練り餌やその袋、仕掛けのハリスや鈎

 

ゴミ拾いをしていると、特にハリスや鈎付きのものがよく落ちています。

こういったゴミの処理に困るのはわかりますが、大きな釣り具屋さんに行くと

大抵、釣りゴミの回収ボックスが用意されているのでしっかり持ち帰りましょう!

 

迷惑駐車によるトラブル

駐車場のある釣り場は良いのですが、無い場合にテキトーに駐車をしてしまい。

漁港や近隣の方とトラブルになったり迷惑をかけてしまうことがあります。

近隣の地元の方の駐車や通行の妨げになったり。

万が一緊急車両がきた場合、通行の妨げになっていたらと考えると

釣り人の車は迷惑なのでは一目瞭然ですね。

 

漁師さんとのトラブル

よく話を聞くのが、漁港に停泊中の漁船に傷をつけたり、漁具の破損といったトラブルです。

錘を漁船にぶつけてしまったことで傷をつけてしまったり、

投げた際に船に仕掛けが引っかかってしまい、勝手に船に乗り込んだりと

漁師さんとのトラブルが絶えないそうです。

 

また、投げて置き竿にしていたラインに船のスクリューが巻き込んで

絡まることもあるようなので注意が必要です。

 

釣り場を減らさない為にもルールとマナーを

 

我々釣り人が原因で、釣り場が減っているのはとても悲しいことです。

絶好のポイントだったところが、急に釣り禁止になっていたりと・・・。

夜釣りが禁止なところでは夜釣りをしない。
投げ釣りを禁止されている場所では投げ釣りをしない。
釣り禁止のところに入らない、釣りをしない。

ルールを守ることが僕たち釣り人ができること。

 

それにゴミの放置や違法駐車、漁師さんとのトラブルだけではなく

些細だと思うマナー、モラルを守ることで今後も楽しく釣りをすることができると思います。

 

楽しい釣りライフの為にも、ルールやマナーを守って釣りをしましょう!

 

釣り後のゴミ拾いを僕らA-Angler’sは推奨しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でたつまるをフォローしよう!

アレやコレカテゴリの最新記事