お盆に「釣りをするのはよくない」と言われるのはなぜか?

お盆に「釣りをするのはよくない」と言われるのはなぜか?


もうすぐお盆休み!

せっかくの長期休暇だし、趣味を思う存分楽しみたいですよね。

しかし・・・。

こんな噂耳にしませんか?

 

「お盆に釣りをするのはよくない。」「お盆に釣りはダメだ。」など。

だからと言って、お盆に釣りをしている人がいない訳でもないですよね。

 

今回は、なぜお盆に釣りをしてはいけないと言われるようになったのか、

そんな噂について話して行こうと思います。

 

お盆になぜ釣りをしてはいけなのか。

「お盆に釣りをしてはいけない」というこの言葉は、

釣り人なら一度は耳にしたことのある言葉ではないかと思います。

 

なぜか?

それは、「お盆の時期に殺生が禁止されている」からです。

生き物を故意に殺してはいけないという期間で、お盆の時期に精進料理を食べたりする風習も同じ理由です。

この期間を仏教五戒で「不殺生戒」と言われています。

 

また、これは有名な話ですが「お盆はご先祖様が帰って来る季節」

故にその時期に生き物を殺してはいけない。

 

僕も祖母や親戚の人によく言われました。今も言われますね。

 

なので釣りはもちろん「殺生していまう物事が禁止」、

その中でも「水辺で殺生をする」という行為がよくないと言われています。

 

海水浴もダメだなんて聞きますよね・・・

海水浴も行ってはいけないなんて話を耳にしますよね。

殺生しないのになぜダメなのでしょうか?

 

昔からの言い伝えもあるのでしょうが、

海や川と言った水辺では、遺体が見つからず供養のできない霊が多くいるから

という話があります。

 

そこから「お盆に海に行くと霊に足を引っ張られる」や「一緒に連れて行かれてしまう」

などという話に繋がっていると思います。

 

しかし!理由はこういった風習的な話だけではなく。

実際にお盆の時期の海が危険だから、近寄らせないという意味もあるのかもしれません。

お盆の海が危険な理由

クラゲが増える

これが一番耳する話ではないでしょうか、クラゲが増えるというのは正確な話ではないですが、

クラゲが毒を持ち成長するのが、丁度このお盆の時期にあたるからです。

 

土用波の危険

お盆は大潮の時期でもあり、この時期に起きる大きな波のことを土用波と言います。

突然の大波や高波に襲われる危険があり、子供だけはなく大人も注意というより警戒が必要です。

 

まとめ

お盆に釣りをしてはいけない理由を簡単にまとめましたが、

たんに風習的な話だけではなく、実際にお盆の時期の海が危険であるということ。

 

同じ水難事故をなくす為にも、風習などと合わせて話が伝えられているのかもしれませんね。

 

お盆はご先祖様が帰って来る時期と言われているので、海に出かけずのんびりとしてはいいのではないのでしょうか。

 

 

といいながらも、釣りをしたいという欲求は抑えきれないと思いますが(笑)

必ずしもダメという話でもないようなので、高波やクラゲには気をつけて良い釣りLIFEを!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でたつまるをフォローしよう!

アレやコレカテゴリの最新記事